• 文字サイズ

谷戸城址

富士山・南アルプス・八ヶ岳 名山も堪能する

谷戸城趾は、甲斐源氏の祖・新羅三郎義光の孫、黒源太清光の居城であり、
別名茶臼山または逸見城と言われます。
春には山全体に約400本のソメイヨシノや八重桜が時期をずらして咲き誇り、見事な景観に圧倒されます。外苑を回る遊歩道があり、木々の間から見る八ヶ岳や富士山、甲斐駒ヶ岳のパノラマが絶景です。
平成5年、国指定史跡となり、史跡整備が進められ、郭や土塁などが昔のように復元されるなど、在りし日の姿がよみがえりつつあります。 

八ヶ岳南麓高原エリア

観る・遊ぶ: 

関連タグ:,

住所 山梨県北杜市大泉町谷戸
TEL --
駐車場 35台 
その他 例年の桜の見頃: 4月20日前後
関連サイト 谷戸城址(北杜市役所HP)
谷戸城址の桜
八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

エリアで探す





カテゴリーで探す






ページトップへ戻る