• 文字サイズ
HOME > 特集記事 > ほくとの桜 > 谷戸城址の桜

ほくとの桜

谷戸城址の桜

yato

里山を彩るソメイヨシノや八重桜

谷戸城趾は平安時代の末期に武田氏の祖、黒源太清光が築いたといわれる国指定の遺跡でもあります。

春には山全体に約400本のソメイヨシノや八重桜が時期をずらして咲き誇り、見事な景観に圧倒されます。
外苑を回る遊歩道があり、木々の間から見る八ヶ岳富士山甲斐駒ヶ岳のパノラマが絶景です。
1993年に国指定史跡となり、史跡整備が進められ、郭や土塁などが昔のように復元されるなど、在りし日の姿がよみがえりつつあります。

 

2017年3月28日現在:まだまだ

所在地北杜市大泉町谷戸字城山 (標高:約850M)
桜の種類ソメイヨシノ、ヤエザクラ
本数約400本
見頃予想日4月11日頃
昨年の見頃4月17日頃
例年の見頃4月20日頃
見どころ谷戸城趾は平安時代の末期に武田氏の祖、黒源太清光が築いたといわれる国指定の遺跡です。
絶景ポイント外苑を回る遊歩道があり、木々の間から八ヶ岳富士山南アルプスを眺めることができます。
アクセス
中央自動車道長坂ICから車で約10分
北杜市考古資料館が隣接しているので、カーナビにはこちらの施設を入力すると便利です。(北杜市大泉町谷戸2414 Tel: 0551-20-5505)
電車JR長坂駅下車、タクシーで約15分(約2,000円)
特急利用の場合、JR小淵沢駅下車、タクシーで約25分(約4,000〜5,000円)
バスJR長坂駅から北杜市民バス大泉・長坂線「大開上」行きバス約15分「JA大泉支店」下車(300円)、徒歩5分
※観光バスでのお越しには向きません。
駐車場谷戸城趾南北に無料駐車場あり:普通車 約35台
トイレ北側駐車場にあり
関連サイト谷戸城趾北杜市考古資料館
その他

※花見宴会は禁じられています。
※斜面・段差が多く、車いすでのお越しには不向きです。


 

より大きな地図で ほくとの桜 を表示

周辺のおすすめスポット

「ほくとの桜」TOPへ戻る

loading...

ページトップへ戻る