• 文字サイズ
HOME > ほくと紹介

ほくと紹介

北杜市の概要

山梨県の中央に広がる甲府盆地の北西部に位置し、
県の北西端として西から北にかけては長野県の伊那市・富士見町・南牧村・川上村に、
東から南にかけては、甲府市・甲斐市・韮崎市・南アルプス市に接しています。

 

日本有数の美しい山岳景観を有していることや、
首都圏から車で2時間、中京圏から2時間半程度の距離にあり、アクセスもよいことから、
年間を通じて多くの観光客の方がいらっしゃいます。


001p

 

自然環境について

北杜市は日本を代表するアルペンスポットの八ケ岳や
南アルプスを代表する甲斐駒ケ岳、
金峰山、瑞牆山などの山々に囲まれ、
南には世界文化遺産に登録された雄大な富士山を望むことができる
日本有数の美しい山岳景観を有しています。

002p

 

大自然からの贈り物は、美しい景観だけではありません。
北杜市は「名水の里」としても知られています。
 
日本名水百選には「尾白川渓谷」「三分一湧水」「金峰山・瑞牆山源流」の3か所が選ばれました。
この清らかで豊かな水の恵みは、味わい豊かな天然水としても親しまれ、
ミネラルウォーターの生産量日本一を誇っています。

北杜市は日照時間も日本一。
日本の平均年間日照時間は2,000時間といわれていますが、
北杜市は2,500時間を超えるエリアもあります。

この清らかな水と太陽の恵みは、北杜市を県内屈指の農業地帯にしています。

さくらんぼなどの果物栽培以外にも、この地域で栽培した梨北米(武川米)は
日本穀物検定協会主催の食味ラインキングで4年連続 特Aに輝き、
平成20年度では「日本一おいしいお米」の称号を頂きました。

美しい山と清らかな清流、ほくとはまさに山紫水明の里なのです。

 

003p

ページトップへ戻る