• 文字サイズ
イベントを読み込み中
HOME > イベント
Find イベント

Event Views Navigation

イベント一覧

イベント List Navigation

3月 2022

3月 19日 時間10:00 - 7月 11日 時間17:30

赤ちゃんや小さな子どもたちに向けた「赤ちゃん版ノンタン」                                                   発行から45年、累計部数3,420万部、シリーズ30作を超える人気絵本「ノンタン」の原画展。 本展では、赤ちゃんや小さな子どもたちに...

» 続きを読む

3月 26日 時間10:00 - 6月 19日 時間17:00

萌木の村には妖精が住んでいます。・・・たぶん ある日、萌木の村に住む妖精たちからオルゴール博物館にプレゼントが届きましたが、 いたずら好きの妖精が宝箱に鍵をかけてしまいました。  プレゼントをもらうためには鍵をあけなければなりません。 開催概要 期 間 : 2022年3月26日(土)~ 6月19日(日)※3月29日・30日は休館 場 所 : オルゴール博物館ホール・オブ・ホールズ 時 間  : 10:00~17:00(最終受付 16:00) 料 金 : 大人 1000円   / 高大学生 800円  /  小中学生 500円 &nbs...

» 続きを読む

3月 26日 時間10:00 - 9月 13日 時間17:00

平山郁夫がこれまでに描いてきた「仏伝シリーズ」に関する作品の前編をご覧ください。 1968年から仏教をはじめとする日本文化の源流を求め、仏教伝来の道であるシルクロードを旅し、 平和を祈りながら終生描き続けました。 本展では、平山郁夫がこれまでに描いてきた「仏伝シリーズ」に関する作品をはじめ、長きにわたる シルクロードの旅の描いてきた仏教遺跡、特にガンダーラやバーミヤンなどの作品を中心に展示し、 あわせて当地で信仰されてきた仏像などを当館のコレクションから紹介します。 開催概要 開催期間 : 3月26日(土) ~ 9月13日(火) 休館...

» 続きを読む

4月 2022

4月 1日 時間09:30 - 9月 5日 時間17:00

今回は、モダニズムに影響を与えたアフリカの造形に着目した展示です。     20世紀初頭のパリで、若い芸術家のリーダーであったピカソは、後期印象派以降の美術の方向性を模索していました。 1904年のある日、友人が、トロカデロの丘におもしろい博物館があるというので 誘いにやって来ました。 暇つぶしのつもりで出かけたピカソはその博物館の収蔵品に釘付けになってしまいました。 アフリカのマスクや立像を初めて見たピカソは、それまでのヨーロッパ的な手法とは180度違った造形表現を目の当たりにしたのでした。 そして、新しい形や色...

» 続きを読む

5月 2022

5月 27日 時間09:30 - 6月 27日 時間17:00

藍染、泥染や草木染はアフリカに古くから伝わる伝統工芸で、 西アフリカには700年以上前から藍染の文化があります。   泥染は、昔、女の人がガラマと呼ばれる草木で染めた布に川の泥を付けてしまい、 洗い流しても泥の色は取れなかったというのが起源と言われています。 諺や伝説にまつわる伝統的な模様が悪霊を惑わせ、泥染は体を守ってくれる服とされています。 この展覧会では、大地の鼓動や魂の叫びをを表現する絵画のような柄の、 藍染、泥染や草木染の服、スカーフや作家物の布を展示販売します。 ※ミュージアムショップは入場無料です  ...

» 続きを読む


+ イベントをエクスポート
八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る