• 文字サイズ
イベント を読み込み中
HOME > イベント > 文化 > KEEPチャリティーコンサートPleasure of Music vol.5
  • イベント が経過しました。

KEEPチャリティーコンサートPleasure of Music vol.5

2016年09月23日 時間20:00 - 22:00

20160923music-1

KEEP FOR THE FUTURE チャリティーコンサート
Pleasure of Music vol.5

和波孝禧、土屋美寧子と仲間たち「清里の夜はロマンティックにふける」

公益財団法人キープ協会は、国際研修交流センターの整備をはじめ、キャンプ場や自然環境を調査研究する施設の充実、アメリカンフットボールを核に地域振興をはかるグラウンドなどの施設整備と、自然の中でさまざまな文化・社会と交流して学ぶ「教育と環境の清里プロジェクト=KEEP for the Future」に取り組んでおり、和波氏を中心としたこのコンサートシリーズは、そのチャリティの一環として行われています。

清泉寮の落ち着いたホールを舞台に、世界的なヴァイオリニスト和波孝禧氏と、ピアニスト・土屋美寧子氏が、素敵な仲間と一緒に「Pleasure of Music =音楽の喜び」を奏でてくださる新シリーズの5回目は、チェロ奏者の岩崎洸氏を迎えて、ドビュッシーやシューマンなどの室内楽曲をお届けいたします。

なお、このコンサートの収益は、演奏者の皆さまのご厚意により、KEEP for the Futureプロジェクトへの寄付金とさせていただきます。

和波孝禧氏より

5回目となる「Pleasure of Music」は、2年ぶりにチェリストの岩崎洸さんをお迎えし、フランスとドイツのロマン派音楽を中心にお聴きいただきます。ロマン派全盛の1862年に生まれたドビュッシーが、18歳の若さで作曲し、近年発見されたピアノトリオは、夢見るように美しく繊細なカンカン9に溢れた作品で、後の印象派音楽の萌芽を聴き取ることができます。続いては、ベルギー人で、フランスとドイツの音楽を融合させたような独自のスタイルを確立したフランクが晩年に書いたイ長調のソナタ。これはヴァイオリンソナタの傑作として知られていますが、今回はチェロとピアノの演奏でお届けします。
後半は、ショパンシューマンの小品、そしていかにもシューマンらしい、ロマンティックでほの暗い情熱を讃えたピアノトリオです。どの曲も味わい深く、秋の夜に相応しい名曲を選ぶことができたと思います。清泉寮本館ホールの親密な雰囲気の中で「音楽の喜び」を分かち合えるよう、多くの皆様のご来場をお待ちしています。

プログラム

ドビュッシー ピアノトリオ ト長調
フランク チェロとピアノのためのソナタ イ長調
ショパン ノクターン 第8番 変ニ長調 op.27-2(ピアノソロ)
シューマン ロマンス 第2番 トロイメライ(ヴァイオリンとピアノ)
シューマン ピアノトリオ 第1番 ニ短調 op.63

出演者

和波 孝禧 (Violin)

1962年、日本音楽コンクール第1位、特賞。その後パリのロン=ティボー、ロンドンのカール・フレッシュ国際コンクールに上位入賞。我が国を代表するヴァイオリニストの一人として国際的に活発な活動を展開。国内外の主要オーケストラと数多く協演しているほか、ピアニスト土屋美寧子とのデュオ、東京での「クリスマス・バッハシリーズ」や、演奏にトークを交えた「アフタヌーンコンサート」の開催、サイトウ・キネン・オーケストラへの参加、CD録音など、幅広い活躍を続けている。また、自ら主宰する「八ヶ岳サマーコース&コンサート」と桐朋学園大学で、後進の指導にもあたっている。
本年4月には東京の紀尾井ホールで「70歳記念演奏会」が開かれ、門下生有志によるオーケストラとベートーヴェンの協奏曲などを演奏して大きな成功を収めた。これまでに文化庁芸術祭優秀賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞などを受賞し、2005年には紫綬褒章、本年は旭日小綬章が贈られた。

岩崎 洸 (Cello)

1960年、日本音楽コンクール第一位、特賞。桐朋学園高校を経て、ジュリアード音楽院に留学。斉藤秀雄、レナード・ローズ、ハーヴィー・シャビロ、パブロ・カザルスの各氏に師事。ウィーン、ミュンヘン、ブタペスト、カサド、チャイコフスキー等の国際チェロコンクールに上位入賞。マルボロ、アスペン、ロッケンハウス、クフモなど、各国の音楽祭に参加。日本国内では、東京チェンバー・ソロイスツの主宰、および沖縄ムーンビーチミュージックキャンプ&フェスティバルの企画開催等により室内楽に旋風を吹き込む。現在は、アメリカの本拠を置きながら世界各地で演奏を続けるかたわら、マスタークラス、並びに桐朋学園大学特任教授として後進の指導も続けている。

土屋 美寧子 (Piano)

東京芸術大学、およびドイツ・フライブルク音楽大学卒業。1971年クロイツァー賞受賞。1977年にイタリア、シエナ夏期講座ディプロマ名誉賞受賞。1976年から東京など国内各地で定期的に開いているソロリサイタルは毎回テーマを持ち、企画と演奏の両面で高く評価されている。和波たかよしとのデュオは国内および国外で40年近くの活動歴を持ち、その絶妙なアンサンブルで多くの聴衆を魅了している。また他の弦楽器奏者を加えての室内楽でも数多くの演奏を行い、近年はチェロの岩崎洸氏を加えたピアノトリオも好評を博している。CDは「トロイメライ・シューマンピアノ作品集」のほかベートーヴェン、ブラームス、フランク、プロコフィエフのヴァイオリンとピアノのためのソナタなどが発売されている。毎夏山梨県北杜市で開催している「八ヶ岳サマーコース」では室内楽グループのコーチを務め、1999年からは「室内楽短期セミナー」を主宰し指導にあたっている他、2009年から沖縄芸大非常勤講師として室内楽集中授業を担当している。

3人は、2009年からとりおとしての活動を開始。東京・名古屋・長野県小海町・山梨県清里などで演奏したほか、2014年には金沢・富山にも来演し絶賛を博した。

開演

20:00 (19:30開場)

会場

清泉寮本館ホール山梨県北杜市高根町清里3545 Tel:0551-48-2111

入場料

3,500円 ご予約不要

♪演奏会+ご宿泊(夕・朝食付き)特別プラン
新館・本館とも各宿泊料金+2000円

♪演奏会+ご夕食(17:30~新館レストラン)
5,780円

 演奏会・ご宿泊のお申し込み

公益財団法人キープ協会 清泉寮
TEL:0551-48-2111
FAX:0551-48-2099
E-mail: seisen-f@keep.or.jp


20160923music-1

>> イベントちらしPDFはこちら


イベント地図

Googleマップで開く
八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る