• 文字サイズ
イベント を読み込み中
HOME > イベント > お祭り > 身曾岐神社 涼詣で(すずもうで)
  • イベント が経過しました。

身曾岐神社 涼詣で(すずもうで)

8月 13日 - 8月 15日

無題

「すずもうで」 とは?

暑い夏、夜の身曾岐神社で涼(すず)んでいただこうというものです。
ご好評いただいた昨年(平成30年)に続き、本年も行います。
※荒天の際は中止となります。

月夜の晩に、神域に足を踏みいれたことはありますか?
月光に照らされた境内は、とても神秘的です。

涼詣で」 詳細

・能楽殿をライトアップ。18時半、点灯。消灯は20時半。
・巫女舞(浦安舞) 2回 19時、20時
・楽演奏
・涼詣で 期間限定の御朱印・・・境内 授与所
・インスタスポット・・・能舞台を背景にどうぞ!
・養生館で「かき氷」・・・4種類 みそぎ、いちご、マンゴー、ゆず

期間限定の御朱印(18時~20時半まで)を予定

涼詣で 限定
本年は昨年のものより、さらにグレードアップ。見本は近日中に公式HPにて掲載予定。

能楽殿で巫女舞(浦安舞)(19時~と20時~ 2回)

能楽殿能舞台において、巫女が浦安舞(うらやすのまい)を奉納致します。
浦安舞は、皇紀2600年を奉祝するために新たに作られた神楽舞で、全国津々浦々の神社で奉られました。
1933年(昭和8年)の昭和天皇御製
天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世ををいただいて、作舞されました。
天下泰平 萬民豊楽を祈ります。
一番と二番があり、一番は、扇を持ち、二番は、鈴を持って、舞います。一番、二番と通して舞うと時間も長くなるので、大概、一番か二番か、どちらかだけが舞われる場合が多いのですが、涼詣でにおいては、一番も二番も通して舞われます。およそ15分。

楽演奏

今年は、ご協力をいただきまして、次の方々による演奏がございます。
<<<詳細はこちらをご覧ください(公式HP)>>>

竹灯籠ほか境内各所をライトアップ

能舞台前、池をはさんだ正面の見所に、竹灯籠を立て、灯りをともします。また、能楽殿、神橋など、各所をライトアップ致します。

お問い合わせ

身曾岐神社
〒408-0041
山梨県北杜市小淵沢町高天原
電話:0051-36-3000 FAX:0551-36-4346

八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る