• 文字サイズ
イベント を読み込み中
HOME > イベント > 文化 > Christmas Jazz Night live at Chandra
  • イベント が経過しました。

Christmas Jazz Night live at Chandra

2016年12月24日 時間19:30 - 22:00

12月24日(土)に開催される『クリスマス・ジャズ・ナイト』のご案内です。年内最後の3連休の中日、クリスマス・イブの開催となります。

演奏は、ますますパワーアップした演奏で聴衆を魅了する、アルトサックス奏者:吉野ミユキさん、まるで歌を歌っているかのような美しい音色と、楽しいアドリブ満載のピアニスト:黒野治子さん、繊細かつ安定感のあるプレイで、『ジブリ・ミーツ・ジャズ』の立石トリオでも人気上昇中のドラマー・鈴木麻緒さん、そして皆さまお馴染み、チャンドラ・ライブのプロデューサー兼ベテランベーシスト・澁谷盛良さんの4人。この4人は毎回息のぴったり合ったスリリング&ご機嫌な演奏を見せてくれるのですが、グループの名前がないようなので、いつからか私が勝手に『スペシャル・カルテット』と命名しております。

首都圏のジャズ・ライブ・シーンでも引っ張りダコの4人がおくる、八ヶ岳のスペシャルなジャズ・ナイトです。

Christmas Jazz Night live at Chandra

日時】2016年12月24日(土) 開場18:30 開演19:30~ ※2ステージ、入替無し
出演吉野ミユキ(サックス)、黒野治子(ピアノ)、鈴木麻緒(ドラム)渋谷盛良(ウッドベース)
【ライブチャージ】 3
,000円(税込)
【問合せ&予約】カフェ・アンド・バー・チャンドラ
 Tel: 0551‐38‐2601 Mailbar_chandra@ybb.ne.jp

 

カフェ・アンド・バー・チャンドラのジャズライブは、首都圏のライブ・ハウスで活躍中のプロ・ミュージシャンばかりです。
お客様にごゆっくりとお楽しみいただくため、お席はご予約のお客さまを優先してご案内いたしております。
お申し込みは当日でも結構ですので、カフェ・アンド・バー・チャンドラ(tel: 0551‐38‐2601)までご連絡ください。
※当日はお電話のみ、前日まではメール(bar_chandra@ybb.ne.jp)でもお電話でも結構です。
あわせてお食事(ピザ・パスタ・カレー)、ご宿泊も承りますので前日までにお申し込みください。

>> 詳しいイベント情報はこちらの公式BLOGもご確認ください

 


吉野 ミユキ (サックス)

10歳からアルト・サックスを始め、11歳から秋本康夫氏に師事。日大芸術学部在学中にジャッキー・マクリーンの音楽に出会いジャズに目覚める。大森明氏に師事。
現在、自己のリーダー・グループで都内近郊のライブ・ハウスで活躍し、作曲とアレンジも手掛ける。ウォームな音色と誠実なプレイには定評がある。MANHATTANスクール、DJANGOスクールなどで講師を務め、後進の育成にも力を注いでいる。
2004年8月にエイベックスより、女性ビッグバンド "Blue Aeronauts Orchestra" のCDとDVD "1st Flight" をリリース。TVやジャズ・フェスティバルなどに出演し好評を得る。
2005年4月、中央アート出版社より「アドリブ集中トレーニング はじめよう! ジャズ・アルトサックス 第1巻(CD付)」を出版。2007年に同シリーズ「第2巻」と「フレーズ集」を出版。
2008年、スウィング・ジャーナル誌の「ジャズメン読者人気投票・アルトサックス部門」に初ランクイン。
2009年8月、初のリーダーアルバム『Straightaway』 をリリース。
その後、女性4人による人気バンド、吉野ミユキ・カルテットによるアルバム『STARTING POINT』(2014年4月)、『Growing Up』(2016年8月)をリリース

 >> 吉野ミユキ公式HPはこちら


黒野 治子 (ピアノ)

東京都出身。日大芸術学部卒。幼少の頃よりピアノを始める。大学在学中にジャズに転向し、滝本博之氏に師事。在学中より、都内ホテル・レストランなどで演奏活動を始める。卒業後は吉野ミユキ、宮本政志のグループに参加するなど、都内ライブハウスを中心に活動。また、自己のリーダーグループでも長期にわたり演奏。現在は東京・横浜のライブハウスやホテルを中心に、自己のグループなどで活躍中。

 


鈴木 麻緒 (ドラム)

神奈川県出身。音楽好きの父の影響で幼い頃から色々な音楽に触れる。クラシック、モータウン、R&B、デキシーランドジャズ、、家には沢山のレコード。そして、12歳の時に吹奏楽の打楽器を始め、そのおもしろさにどんどんのめり込んでゆく。中学、高校とパーカッションを続け、大学入学後、モダンジャズ研究会に入り、ジャズドラムに転向。
50~60年代のジャズのアルバムを先輩からお借りして、フィリージョージョーンズや、ジミーコブ、マックスローチの演奏に触れる。
卒業後はOLをする傍ら、ジャズドラマーの木村由紀夫氏に師事。スウィングすることの楽しさ、ドラムで歌う事の大切さを学び、数年後、会社を退職、プロ活動開始。
 
現在は都内のライブハウス、レストランやイベントなどでの演奏活動の他、音楽鑑賞会での演奏のため全国の小中高校を回って演奏。

子どもたちと音楽を通じて交流することは、とても楽しく、今後も音楽と子どもたちの架け橋になるような活動ができたらと願っている。

>> 鈴木麻緒公式HPはこちら


 

澁谷 盛良 (ベース)

群馬県渋川市出身。高校生のときに、キャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」を聴き、以後ジャズに傾倒する。
アコースティックベースの、アコースティックならではの音色を大切にして、ベースを奏でている。メロディーを自然に捉えてコード・プログレッションとの関連性を掴むため、譜面台の必要があまりない。響きのある太くて暖かい音色には定評があり、ニュートラルな、自然体のベースは、いつのまにか聴衆の体を揺らし始める。参加アルバムは、関口祐二「Melodies Of Love」、ファンキー末吉「香港大夜総会」、松本全芸『エコー・オブ・ザ・ウェイブ』(2009年)、寺下誠『Real Jazz Moments』(2010年)など。


イベント地図

Googleマップで開く
八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る