• 文字サイズ
HOME > ブログ > イベント > 「第31回浅尾ダイコンまつり」大盛況でした!
2016年11月06日

「第31回浅尾ダイコンまつり」大盛況でした!

11/3(木・祝)の文化の日、快晴の空の下で第31回浅尾ダイコンまつりが開催されました!

 

朝9:30から始まったダイコンまつり名物「ダイコン抜き取り体験」には早くから長蛇の列!

 

老若男女問わず皆さん力一杯ダイコンを抜いております。

 

よいしょー!
大きい立派なダイコンを抜くのには力が入りますね。

 

このダイコン抜き取り体験、1,000円で一枚の袋を渡されて「ここに入るだけ持って帰ってください」というルール。
しかし皆さん袋の底も切って両サイドからダイコンを詰めるという技を…!
最高で何本くらい入れられるのでしょうか?

 

時にはこんなセクシー大根も。
土の中に石などがあると、こんな風に二股になったりするそうです

 

それにしてもこの日はとってもいいお天気で、大根畑からは甲斐駒ヶ岳鳳凰三山など、南アルプス山脈がくっきり、よーく見えました。

 

浅尾ダイコンまつりのメイン会場、ハイジの村クララ館にはずらりと美味しそうな地元食材たっぷりのフードも並んでいました。

 

どれを食べようかなー、と迷いに迷って、まず最初に浅尾ダイコンとこんにゃくのみそ田楽をいただきました。
あつあつで出汁がしっかり染みたのがとっても美味しい!

 

こちらの浅尾ダイコンとりんごの漬物もほんのり甘じょっぱいのが美味しくて、思わず購入です。

 

他にもたくさん美味しそうなものが並んでいたのですが、中でも気になったのはこちらの「明野猟友会肉処理施設」さんの出店でした。
北杜市では農作物を食べ荒らすシカをジビエ(野生鳥獣肉)として有効活用しようと、シカ肉の処理から加工まで手がける「ジビエ肉処理加工施設」が今年6月から新しく明野に開設されました。ここで提供されているのはその新施設で加工されたジビエなんだとか。

 

daikon_161103-13daikon_161103-14

こちらでいただいたのが鹿のモモ肉のBBQ串と鹿肉カレーうどん!
鹿肉ソーセージも試食でいただいたんですが、イメージよりもずっと柔らかくて、かつ赤身の多い鹿肉らしい味の濃さでとっても美味しかったです。また食べたい〜、と思ったのですがまだこちらのジビエは販売準備中なんだとか。しばらくはこういったイベント時でのみ味わえるものだそうです。

 

食べ物の話ばかりしてしまいましたが、浅尾ダイコンまつりでは他にもたくさんの出し物がありました。
みんなのヒーロー、ジュウオウジャーのショーには子どもたちが夢中で声援を送っていました。

 

芝生広場にはステージも。みなさんゆったりとピクニックスタイルで演目を楽しんでいらっしゃったご様子です。
この日はとても風が強くて寒かったのですが、ここはぽかぽかあたたかくて気持ち良かったです。

 

今回来れなかったわ〜、という方も、明野の浅尾ダイコンはこれからが旬です!
どうぞ明野農産物直売所などでダイコンを見かけたらぜひぜひお試しください♪
おでんやふろふき大根、大根もちにお漬物。お肉と一緒に煮込むのも美味しいですよね。

 

ところでこの日の八ヶ岳ですが、よく見ると白いものが…
富士山に続き甲斐駒ヶ岳、金峰山、八ヶ岳と北杜を囲む高い山々に次々と初冠雪のニュースの声が聞こえてきました。
まだまだ紅葉真っ盛りではありますが、だんだん冬の声も近くなってきます。
これから北杜へお越しになる皆さま、どうぞ暖かい格好でいらしてくださいね〜

 


カテゴリー:

タグ:, , , , , , , ,

ブログ記事一覧へ戻る

八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る