• 文字サイズ
HOME > ブログ > イベント > プラネタリウムで宇宙の彼方へ旅に出よう♪
2016年04月17日

プラネタリウムで宇宙の彼方へ旅に出よう♪

午前中の強風が雨雲を連れ去ってくれて、午後からは青空の見える北杜市です。
青い空に誘われて、三代校舎ふれあいの里で行われている移動プラネタリウムのイベントにお邪魔してきました。

 

P1020101

大正校舎の古い教室の中に設置されたエアードームの中に入っていくと、そこは星空の世界でした。

 

星空の世界を案内してくださったのは、宙先案内人の高橋真理子さん
その名の通り星空を届ける案内人として、壮大な宇宙映像と音楽と語りが融合したプラネタリウムの案内や、移動プラネタリウムや星・宇宙に関する様々な企画や公園などをされている方です。

 

プラネタリウムを見たのは小学生以来ぶりだったのですが…
いやあ、素敵な体験をさせて頂きました~。
私たちが普段見ている星空から始まり、星座の話へ、そして太陽系の話、銀河系の話とどんどんスケールが大きくなり、最後は宇宙全体のはじまりの話へ。
銀河系は厚さが薄く、夜見えている天の河は銀河系の薄い膜を横から見た状態のものなのだ、とか、宇宙が今のような姿で存在できているのは、「ダークマター」という物質のおかげなんだ、とか。

 

むしろ大人になった今の方がずっとプラネタリウムの面白さがわかるようになったような気がします。
プロジェクタから映される映像と高橋さんの語りの力で、宇宙の彼方へ彼方へと連れて行ってもらえるプラネタリウム。
「いま、身の回り」にちょっと疲れちゃった大人の方にこそおススメの体験です♪

 

宙先案内人の高橋真理子さんは今年から北杜に活動拠点を移し、これからも様々なイベントを行われるとのこと。
GWの5月4日には、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原にて「138億光年宇宙の旅と早春の星空観望会」が開催されるそうです!
>> イベント詳細はこちら

 

さてせっかくですので、桜の様子もご紹介させて頂きます。
こちらは三代校舎の一つ、明治校舎・津金学校の前の桜です。

 

P1020095

もうほとんど葉桜になってしまいましたね。
ただ、奥に見える菜の花はまだまだ満開です。

 

P1020097

校庭では子供たちが遊んでいました。足元には桜吹雪の名残が・・・

 

そろそろ桜も散り際。
されど兼好法師にいわく「花はさかりをのみみるものかは
桜吹雪を体験するにはもってこいの季節です!

 

ほくとの桜、最後の名残を楽しみにいらしてください♪

 

 


カテゴリー:

タグ:, , ,

ブログ記事一覧へ戻る

八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る