• 文字サイズ

ほくとの山歩き

雨乞岳

amagoi

近年整備がなされた「ヴィレッヂ白州」からの最短登山コース紹介

甲斐駒ヶ岳の北部に佇む雨乞岳(2037m)は、かつて日照りに苦しんだ民が登頂し、雨乞いをしたといういわれの残っている山です。昭和のはじめ頃まで雨乞いが行われていた、と山梨日日新聞社刊「山梨百名山」に記載されています。現在、登山口は白州町鳥原の石尊神社からの登山道(現在は整備されていないので荒れています)と、近年整備したヴィレッヂ白州からの登山道があります。

駐車場には、10台ほど駐車可能です。詳細につきましては、下記の地図を照らし合わせながら、確認をお願いします。それぞれの数字は道標の位置になります。また、写真も参考にしていただけましたら、幸いです。

 

2923242355_80b8368618_m
▲道標1周辺
2923242635_26b519a01a_m
▲道標2 周辺
2923242763_4116ede4e4_m
▲道標3 周辺
2923242987_a4bd43765f_m
▲道標4 ガレ上尾根分岐周辺
2924093546_eb440879dc_m
▲道標5 大武川筋出合
2923243445_0ea0091a30_m
▲道標6 頂上直下
2923243651_a16fe474e8
▲山頂です

 

地図

 


 

周辺のおすすめスポット

「ほくとの山歩き」TOPへ戻る

八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る