• 文字サイズ
HOME > ブログ > イベント > 甲斐駒ヶ岳開山200周年!記念登山の参加者を募集中です
2016年07月01日

甲斐駒ヶ岳開山200周年!記念登山の参加者を募集中です

本日7月1日は山開きの日。北杜市でも八ヶ岳甲斐駒ヶ岳の開山式が、お天気のいいなかで無事に執り行われました。
開山といえば…今年は南アルプス山脈の雄・甲斐駒ヶ岳が弘幡行者によって文化13年に開山されて、ちょうど200年を迎える記念の年です

 

それを記念して、甲斐駒ヶ岳の属する南アルプスユネスコエコパークでの記念登山」が日向山尾白川渓谷石空川渓谷入笠山甲斐駒ヶ岳で開催されることになりました!

 

まずは気軽に登れて絶景が楽しめることで人気の日向山
「日向山」の山名はかつて山頂付近の花崗岩の風化した砂ザレの斜面、通称「雁ヶ原」と呼ばれる一角を麓から望んで、その見え方の度合いによって天気を予想したところから名付けられたといわれています。
この山の魅力は何といっても山頂に広がる砂原とそこからの展望。
雁ヶ原の奇岩越しに展開する八ヶ岳連峰甲斐駒ヶ岳の姿は絶景のひとことに尽きるでしょう。
秋の紅葉の素晴らしさはいうまでもありません

催行予定日:2016年10月15日(土)
>> 詳しくはコチラ

 

尾白川渓谷は南アルプスの甲斐駒ヶ岳を源とし、いくつもの滝や渕を眺めながら渓谷美が堪能できる日本名水百選にも選ばれた清流です。
サントリー「南アルプス天然水」やウイスキー「白州」、山梨銘醸「七賢」や金精軒の「水信玄餅」も、この尾白川の水を使っているんですよ。
特に新緑と紅葉の時期は白く輝く花崗岩とエメラルド色の透明な清流が周囲の樹々に良く映え、素晴らしい渓谷美を演出します。
ハイキングコースとして知られていますが、実は準登山コース
アップダウンが激しく危険な箇所も多くあるので十分な注意が必要です。ガイド同行のツアーで安全にトレッキングを楽しんでください!

催行予定日:2016年8月20日(土)、10月29日(土)
>> 詳しくはコチラ

 

鳳凰三山の一つである地蔵ヶ岳を源として流れる渓谷のひとつ、石空川(いしうとろがわ)渓谷
片道40分〜1時間程度で歩ける手頃なハイキングコースで、遊歩道も整備されています。
遊歩道最後は、日本の滝100選の「精進ヶ滝」が滝見台から望めます。
目の前に広がる標高1,400mの山から流れ落ちる精進ヶ滝は、落差121m東日本最大の名瀑です。
新緑と紅葉の時期はひと際見事な景観を見せてくれます。

催行予定日:2016年8月6日(土)、11月5日(土)
>> 詳しくはコチラ
 

 

入笠山富士見パノラマリゾートのゴンドラで山頂駅に向かえば、そこはもう天空のお花畑。
ゴンドラを降りてすぐにある「入笠すずらん公園」は春・夏・秋にかけて約150種類もの山野草が楽しめます。
秋には八ヶ岳方面から昇るご来光に染められた黄金に輝く雲海を見ることができます。
さえぎるものの無い広々とした山頂からの山岳展望はまさに絶景。
眼前に広がる八ヶ岳連峰富士山南アルプス中央アルプス北アルプスの勇姿は素晴らしいの一言につきます。

催行予定日:2016年8月11日(祝)、10月22日(土)
>> 詳しくはコチラ

 

甲斐駒ヶ岳への山梨県側からの登山道を代表するのが「黒戸尾根」。
黒戸尾根は日本三大急登にも数えられ、登山口の駒ヶ岳神社から山頂までの標高差は約2,200mもあります。

小尾権三郎(弘幡行者)によって文化13年に開かれたこのルートは、明治初期まで多くの駒ヶ岳講の信者によって踏み固められた信仰の道です。
1泊2日と行程は長いですが、その分達成感はひとしお。
山岳ガイドがペースや安全に配慮して引率いたしますので、余裕を持って登山していただけます。
どうぞこの機会に、この歴史ある開山コースにチャレンジしてみては?

催行予定日:2016年7月26日(火)〜27日(水)
>> 詳しくはコチラ

 

南アルプスユネスコエコパークはどのコースもとっても魅力的!
甲斐駒ヶ岳開山200周年記念事業「記念登山」
について、詳しくは下記バナーをクリックして公式サイトをご覧ください♪

甲斐駒開山200HPバナー

 


カテゴリー:,

タグ:, , , ,

ブログ記事一覧へ戻る

八ヶ岳南麓高原エリア 太陽と茅ケ岳・みずがきエリア 清流と甲斐駒ケ岳エリア

 
 
 
loading...

ページトップへ戻る