• 文字サイズ
イベント を読み込み中
HOME > イベント > アウトドア > BE-PAL FOREST CAMP 2016
  • イベント が経過しました。

BE-PAL FOREST CAMP 2016

2016年10月01日 - 2016年10月02日

2016b-1024x278

自然がきもちいい秋フェス 「ビーパル・フォレスト・キャンプ2016」

気持ちのいい秋こそ、キャンプのベストシーズン!
今年も山梨県北杜市の「キャンピカ明野ふれあいの里」で『BE-PALFOREST CAMP 2016』を開催いたします。手ぶらでコテージに泊まるもよし、芝生や林間サイトでキャンプを楽しむもよし。焚き火ライブをはじめ、トレッキング、クラフト、火おこし教室などなど、ワークショップも盛りだくさん。ドッグランもあるので犬連れも大歓迎。近くには絶景温泉もある、最高のロケーションです。みなさんのご参加、お待ちしています!

TicketMusicWorkshopSpecial ProgramFood&Market
開催日時

2016年10月1日(土)・2日(日)

開催場所

キャンピカ明野ふれあいの里(山梨県北杜市明野町浅尾5260-5)

主催

フジヤマ・クオリティ(PICAリゾート)

企画

小学館 BE-PAL編集部

アクセス

【車】
・東京方面より:中央自動車道・韮崎ICより約20分
・大阪・名古屋方面より:中央自動車道・須玉ICより約30分
【電車・バス】
・韮崎駅より茅ヶ岳みずがき田園バス「みずがきルート」で「明野温泉太陽館」(クララの湯)下車、徒歩約20分

 

Ticket

ticket

会場のキャンピカ明野」公式サイトhttp://www.pica-resort.jp/campica-akeno/)で発売中!

テント泊…ひとり税込み ¥3,750~ (特設フリーサイトを6名で利用した場合) 
電源付きテントサイトのほか、特設フリーサイトなど4種類から選べます。

コテージ泊…ひとり税込み ¥6,440~ (ログキャビングループを10名で利用した場合) 
カナダ製のコテージ(4~10人用)が約40棟。手ぶらで参加OK!

 

Music

music

 

music_artists

マウンテンモカキリマンジャロ

 国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフロアに変えるヘヴィ・ファンクの日本代表的バンド。 ソウル・ミュージックのマナーを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチで、黒人音楽を全年代的に貫くファンクを体現。気持ちのいい高原で聴くと、子どもも大人も躍らずにはいられません! 

カセットコンロス

ワダマコト (Guitar + Vocal)、アンドウケンジロウ (Clarinet + Sax)、辻コースケ (Percussion + Drums)、田名網ダイスケ (Bass)。2000年頃結成のラテン&アフロ系ライブ・バンド。カリプソ、ラテン、アフリカなど多彩な音を飲み込んでは吐き出すゴッタ煮のサウンドで、グルーヴする音楽は、人懐っこくて、人間味にあふています!

COINN

2009年に結成。白岩萬里、齋藤紘良、オロロトリヒロ、小田晃生の4人組バンドです。ギター、ウクレレ、チェロ、ドラム、歌、色とりどりな編成で、ライブハウス、保育園、 幼稚園、森や、電車の中など、大人も子どもも集まる幅広い場で活躍中。大人と子どもと赤ちゃんに送る愉快で切ないミュージックコンサートを展開します。すべては子どものため、大人に眠る『コドモ心』のためのチルドレンミュージックを、ぜひ、お楽しみください! 

辻コースケ

日本を代表するパワフル系パーカッショニスト。キリマンジャロ登山をはじめ、4度のアフリカ修業を経てデビュー。goma & jungle rhythm section 、ゴンチチ 、DJ井上薫、沼澤尚、勝井祐二、佐藤タイジ、Leyona 、DJ JEFF MILLSなど様々なジャンルの音楽家と活動中。「BE-PAL FOREST CAMP」 ではライブの他にも「太鼓をたたいてみよう」ワークショップも予定。親子でふるってご参加ください!

 

Workshop

ws

●野田知佑×服部文祥「ユーコン川を筏で下る 特別対談」

BE-PAL最長不倒連載「のんびり行こうぜ」でおなじみのカヌーイスト野田知佑さんが、創刊35周年を祝して、ついに『BE-PAL FOREST CAMP』に登場! サバイバル登山家・服部文祥さんとともに、ユーコン川の旅の秘話から自由に楽しく生きていくための裏技まで、ここでしか語れない話を、縦横無尽に語ります!

●シェルパ斉藤の「茅ヶ岳トレッキング」★事前申し込み制

BE-PAL誌上で「シェルパ斉藤の旅の自由型」を連載するほか、『シェルパ斉藤の行きあたりばっ旅』『犬連れバックパッカー』など前代未聞・抱腹絶倒の旅名著(迷著?)を執筆してきた日本を代表する歩き旅作家=シェルパ斉藤さん(なんと北杜市在住!)。今年はシェルパさんがリーダーとなって、山梨百名山の「茅ヶ岳」山頂を経て、イベント会場の「キャンピカ明野」まで歩くトレッキング・ワークショップを開催します。

●転覆隊・本田隊長の「転覆バトル・信濃川」報告

誌面では表現しきれない信濃川で展開する壮絶なバトルを、生の声とスライドで報告します!

●蜂須賀公之の「採って料理! キノコ道場」★事前申し込み制

野生食材研究家にしてキノコ名人の蜂須賀さんを講師に迎え、キノコの採取から料理までを実践・体験します。まずは、キャンプ場周辺のフィールドを散策してキノコを採取。知識豊富な蜂須賀さんによる解説や同定を経てから、実際に採取したキノコで料理をつくります。メニューは採れたキノコの種類次第なので、がんばってどんどん採取しよう!

●HAMMER’S(長野修平×真島辰也)の「DIYクラフト教室」
①丸太ウッドボックスを作ろう★事前申し込み制 ②竹の携帯マイカップを作ろう 

自然の素材を活かした2種類のクラフトワークショプを実施。子どもでも大人でも楽しめます。その他HAMMER’Sの二人がつくったオリジナルクラフトの販売も。

●奥山英治&中川遊野の「いきもの観察NEW門!」

生き物だったら何でも来い!の二人が、会場に生息する生き物を探し出し、その魅力を伝える自然観察ウォークを2日間にわたり数回実施。集まれ、生き物好き!

●Good(s) For Campingの「自分だけのオリジナルフラッグを作ろう」

二等辺三角形のキャンバス生地をベースに、いろいろな色の生地を、四角・丸・三角に切って張り込んで作るオリジナルフラッグ。自由に発想して自分だけのフラグを作ったら、キャンプサイトに掲げてください。制作所要時間は1時間ぐらいです。

●荒井裕介の「子ども焚き火教室」★事前申し込み制

山岳写真家にして狩猟免許を持つサバイバルの達人・荒井裕介さんにブッシュクラフト的たき火術を教わります。今回の対象は子ども。たきぎを拾い、焚き付けをつくり、火を起こして育てる。その過程でナイフの「基本のき」も伝授します。子どもたちには、その炎を松明に移し、16:30から始まる野田知佑さんのステージに合わせて登場してもらう予定です。

●荒井裕介の「ロープワーク実践教室」
教えてもらわないと、いつまでたっても身につかないのがロープワーク。簡単だけどすごく役立つ技をお伝えします。薪を束ねたり、タープの引き綱にしたり、フィールドでのスキルが上がります。
受付は随時していますので、直接荒井さんのブースで確認してください。昨年も好評だった「ナイフの研ぎ方指南」も同時並行実施します。

●YMS (Yamanashi Minamialps Slackliner’s)の「スラックラインに挑戦!」

●脇カイトの「凧揚げワークショップ」

昨年子どもたちに大人気だった凧揚げワークショップが今年も登場。火の鳥、イーグル、蝶、飛行機など、家族で楽しめる小型で高性能な凧を作成販売しています。簡単に組立、分解ができ、絵なども描けます。高度1~2mから20mまで手軽に揚げられ、散歩のお伴にもなります。

Camino natural Lab.の「ハーブティーブレンド作り」

「香りで描くハーブティーブレンド作り」ワークショップを開催。約20種類のハーブティーをテイスティングし、直感で選んでいきます。選んだものの歴史的背景や、有用効果などから自身をひもとき、今の自分に合ったブレンドを最後まで味を確かめながら作り上げていく五感活用のワークショップです。自然豊かな場所で行えば、より面白味が増すでしょう。内容はいたって簡単です。「直感で美味しいと思う味」を探すだけなのです。量り売りは6g ¥800〜で販売。

●子どもの遊び場「ピカ プレーパーク」
森のDCV(段ボール・キャタピラー・ビークル)/森のカスタネット作り

日常生活では味わうことのできない、スリルやチャレンジがある「ピカ プレーパーク」。プレーリーダーと子供たちで作る無限の遊び場で、ワークショップを開催します!

★事前申し込み制のものについて、詳しくは公式HPをご確認ください

 

FORESTCAMP告知

sp

●アウトドアズマンの愛用品 チャリティオークション

編集部員とおなじみの連載陣が、とっておきのグッズを放出。売上はモンベル・アウトドア義援隊に寄付されます。財布をもってステージ前に集合!

●編集長のお宝放出! ジャンケン大会

編集長のお宝が放出される恒例のジャンケン大会。今年もやります。クロージングセレモニーも見逃さないで下さい。

 

Food&Market

DILL eat, life. 【10/2のみ】

BE-PAL連載「The Mountain Table」でも話題のお店『DILL eat, life.』は、地元北杜市が誇る自然派レストラン。オーナー料理人の山戸ユカ&浩介夫妻が、会場の森のフィールドに「焚き火レストラン」を開店します!

石窯パン ド・ドウ

地元の食材を中心に使った、野菜たっぷりの創作パン屋です! パン職人であり、野菜ソムリエでもある店主が焼いた野菜パンのほかに、その場でちょっと温められるガーリックトースト、野菜のディップなどが並びます。「こんな野菜の食べ方があったの!」なんて、新しい発見もあるかも!?

ニコサンカフェ

北杜市長坂町のニコサンカフェです。
八ヶ岳周辺の素材に拘った身体に優しい植物性スイーツや美味しいご飯を持って行きます。看板犬のセントバーナードのいちごも一緒に行く予定です。たくさんの方々にお会い出来るのを楽しみにしています。

●BE-PAL BOOK STORE/休日研究所

BE-PALバイヤーが買い付けてきたオリジナルアウトドア道具のポップアップストアが開店。お得なセール品も登場予定です。今年はさらに本屋さんも開店!

 

このほか、追加の出演アーティストやワークショプ情報は、BE-PAL公式サイトFacebookTwitter等で随時お伝えいたします。
ぜひチェックしてください!
※内容は一部変更になる可能性があります。

 

>> イベント詳細は公式HPをご確認ください

MG_1103A


イベント地図

Googleマップで開く
loading...

ページトップへ戻る